プログラム概要

1)分子標的薬の適正使用に関係する診療連携の促進

甲状腺がん患者に対する分子標的薬剤を用いた診療連携を促進するために、全国を9つのエリアに分け、エリアごとにがん薬物療法専門医(JSMO)、本診療連携協力学会医師(紹介元:外科医など)を代表するエリアリーダーをおきます。
がん薬物療法専門医(JSMO)は、エリアリーダーのもと、本連携ブログラムに賛同するエリア内の「がん薬物療法専門医」の氏名、所属医療機関名、連絡先を各学会のホームページに公表します。


診療連携の方法は、1)患者紹介、2)コンサルテーション(セカンド・オピニオン)の2種類を想定し、いずれも各医療機関の方法を用いて記録の残る形で行われます。
本プログラムによる診療連携は、オンラインによる患者登録によって記録され、定期的に評価し改善を試みます。

診療連携のパターン

想定される診療連携のパターンは大きく次の3つに分類されます。

1)患者居住エリアが外科医の施設から遠い場合で、そのエリアにがん薬物療法専門医がいる場合

例:

図:患者居住エリアが外科医の施設から遠い場合で、そのエリアにがん薬物療法専門医がいる場合

2)患者居住エリアが外科医の施設から近い場合で、そのエリアにがん薬物療法専門医がいる場合

例:

図:患者居住エリアが外科医の施設から近い場合で、そのエリアにがん薬物療法専門医がいる場合

3)患者居住エリアが外科医の施設から近い場合で、同一施設内にがん薬物療法専門医がいる場合

例:

図:患者居住エリアが外科医の施設から近い場合で、同一施設内にがん薬物療法専門医がいる場合

診療連携の方法

想定される診療連携の方法は大きく次の2つに分類されます。
いずれの場合でも、必要に応じて紹介元医師(外科医など)とがん薬物療法専門医が併診します。
実際の診療は、各医師の裁量と責任のもとで行ってください。本プログラムは、診療内容について関連学会が具体的な診療内容に介入するものではなく、責任を負うものでもありません。

本プログラムの枠組みで紹介があった場合は、症例の登録をお願いします。
電話連絡などによる相談の場合でも紹介元・紹介先双方の病院に診療記録が残るようにお願いします。

1)患者紹介

紹介元医師(外科医など)からがん薬物療法専門医に分子標的薬剤による治療期間に患者を紹介し、がん薬物療法専門医が主治医となり処方する場合

図:患者紹介

2)コンサルテーション

紹介元医師(外科医など)からがん薬物療法専門医に各医療機関のセカンド・オピニオン外来などを通じて連携状況、あるいは併診状況を予め形成した上で、紹介元医師(外科医など)が自ら処方する場合

図:コンサルテーション

2)地域における甲状腺癌治療に関する外科医、内科医合同の教育事業の推進

9つの地区(エリア)のエリアリーダーは、診療連携プログラムの進捗と内容を評価し、定期的に評価し改善を試みます。又、エリアリーダーは、定期的に、甲状腺がん治療における紹介元医師(外科医など)とがん薬物療法専門医の医療連携を促進するための教育事業(セミナー、勉強会など)を計画し実行します。

  • ごあいさつ
  • プログラム概要
  • 患者紹介の流れ
  • 協力医名簿
  • 書式ダウンロード
  • 適応症例

お知らせ

2016年10月26日
適用症例を更新しました。
2016年8月22日
ごあいさつ、書式ダウンロードを更新しました。
2015年12月21日
ごあいさつ、適用症例を更新しました。
2015年5月11日
ごあいさつ、プログラム概要、患者紹介の流れ、関係学会リンクを更新しました。
2014年11月14日
適用症例を更新しました。
2014年8月25日
協力医師名簿を都道府県別で表示するようにしました。
2014年7月1日
甲状腺癌診療連携プログラムWebサイトを公開しました。