当学会について

トップページ > 当学会について > 理念

理念

ビジョン&ミッション

  1. 国民の福祉 (Welfare)
    がん患者の生活の質の向上や生存期間の延長に寄与する
    ■JSMOは、がんによる国民の社会的負担を最小限に抑え、がん患者の生活の質の向上や生存期間の延長などを通じ、国民の福祉の向上を図る。また、がん治療の標準化を促進する。
  2. がん診療(Medical care)
    適切ながん診療の普及を促進する
    ■JSMOは、国内の学術団体やがん専門診療施設と連携し、がん患者に安全で効果的、かつ、質の高いがん医療を提供することが可能な環境整備に取り組む。
  3. 会員活動の支援(Membership)
    会員のニーズに応える
    ■JSMOは、会員の専門的かつ多様なニーズに応えるサービスを提供することにより、学会の質の向上と、会員数の増加の双方を実現する。
  4. 教育(Education)
    臨床腫瘍学に関する教育を行う
    ■JSMOは、臨床腫瘍学の専門家に対する教育の中心的役割を担う。また、臨床腫瘍学に関する卒前・卒後教育、生涯教育、およびがん治療を専門としていない医療関係者への教育にも貢献する。
  5. 研究(Research)
    がん研究を推進する
    ■JSMOは、臨床腫瘍学分野における、質の高い臨床研究やトランスレーショナル・リサーチを推進し、標準的治療法の確立と次世代のがん治療の発展に貢献する。
  6. 専門家の養成(Specialists)
    臨床腫瘍学の専門家を養成する
    ■JSMOは、がん薬物療法専門医を中心とする臨床腫瘍学の専門家のキャリア形成を支援し、臨床腫瘍学分野における次世代のリーダーを育成する。
  7. 情報の提供(Information)
    がんに関する正確な情報を提供する
    ■JSMOは、正確かつ信頼性の高い国内外のがんの最新情報を提供する。また、ガイドライン作成とその普及活動を行い、がん患者の適切な治療選択に寄与する。
  8. 組織の強化(Organization)
    学会の管理運営体制を強化する
    ■JSMOは、学会活動推進のために、指導力、信頼性、財政の健全性、事務管理能力を強化する。また、組織の維持と更なる発展のために、将来構想を掲げる。
  9. 国際化(International relationships)
    国際的な連携を推進する
    ■JSMOは、国際的な学術団体との連携を図る。また、世界標準の治療法の確立と同様に、人種特異的エビデンスの創出に貢献し、国際的な情報発信、教育および研究の推進に寄与する。

がん薬物療法専門医像

我が国では歴史的に、がんの発生臓器に関連する臓器別診療科のもとで、がん薬物療法が行われてきた。しかし、分子生物学や臨床腫瘍学の飛躍的な進歩により、異なる腫瘍の共通性が解明されるとともに専門的な知識や技能が必要とされる薬剤が臨床導入されたため、質の高いがん薬物療法を実践するためには、幅広い臓器のがん薬物療法を修得し実施することが必要である。そのため、臓器横断的にがん薬物療法を修得し、豊かな学識と高度な臨床技能を備えた専門医ががん薬物療法を実践することが期待されている。日本臨床腫瘍学会では、臨床腫瘍学の進歩に即して質の高いがん薬物療法を臓器横断的に実践できる医師を「がん薬物療法専門医」として認定する。

がん薬物療法専門医には、以下が求められる。

  1. 臨床腫瘍学を中心に、がんの基礎医学、臨床薬理学、緩和医療学を修得する。
  2. 臓器横断的にがん薬物療法を修得した上で、患者の病態や社会背景にも配慮した質の高いがん医療を実践する。
  3. 診療科・職種横断的チームのなかでリーダーシップを発揮する。
  4. がん治療に関するコンサルテーションやセカンドオピニオンに適切に対応する。
  5. 科学的な研究手法と論理的な思考を学んだうえで積極的に臨床試験を立案、推進、実践する。
  6. 人材育成と教育環境の整備に取り組むことにより、臨床腫瘍学の発展に貢献する。

日本臨床腫瘍学会では、認定研修施設での研修を修了した医師を対象に、書類審査、筆記試験および口頭試問によってその適格性を慎重に判断したうえで、上記のようながん薬物療法専門医を認定し、以てがんに対する治療成績の向上を図り、公共の福祉に貢献する。

お問い合せ先

日本臨床腫瘍学会事務局

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-15 芝パークビル6階 MAP
TEL:03-6809-1250 FAX:03-6809-1138
E-mail:お問い合わせフォーム