患者紹介の流れ

紹介元医師 がん薬物療法専門医 双方 事務局

図:患者紹介の流れ

紹介元医師 紹介元(外科医など)のワークフロー

  1. ① 分子標的薬剤の適応となる患者を選定する
  2. ② 診療連携協力医師リスト(がん薬物療法専門医)から紹介先医療機関・診療連携協力医師をさがす
  3. ③ 協力医師に連絡し、本診療連携プログラムを通じた相談・紹介であることを明示して、相談・紹介する
    • 注意同一施設に複数人の協力医師がいる場合は、窓口となる医師(*印)に連絡する
    • 紹介は、協力医師が所属する医療機関のシステムに従い、新患紹介、セカンドオピニオンなどの形をとる
    • 同一施設に所属している場合でも、本プログラムによる相談・紹介の場合は口頭での相談・紹介に留めず、必ず何らかの記録を残す
  4. ④ 診療連携に関する打ち合わせ
    • 注意緊急時の対応や紹介後のフォローをどのように進めるか予め決める
  5. ⑤ 患者登録
  6. ⑥ 分子標的薬剤による治療
    • 診療の経過は、適宜がん薬物療法専門医と共有する
  7. ⑦ 薬物治療後のフォロー
    • 薬物治療後の経過を、適宜がん薬物療法専門医と共有する

がん薬物療法専門医 紹介先(がん薬物療法専門医)のワークフロー

  1. ① 対象患者の選定
  2. ② 診療連携協力医師の検索
  3. ③ 本診療連携プログラムを通じた相談・紹介を受ける
    • 注意窓口となる協力医師を通じて、相談・紹介を受ける
    • 紹介は、新患紹介、セカンドオピニオンなどの形で必ず記録に残す
  4. ④ 診療連携に関する打ち合わせ
    • 緊急時の対応や紹介後のフォローをどのように進めるか予め決めておく
    • 患者登録に必要な情報を確認する
  5. ⑤ 患者登録
    • 相談・紹介の内容を患者登録専用サイトからオンライン登録する
      患者登録はこちらから  患者登録
  6. ⑥ 分子標的薬剤による治療
    • 診療の経過は、適宜紹介元医師と共有する
  7. ⑦ 薬物治療後のフォロー
    • 薬物治療後の経過を、適宜紹介元医師と共有する

事務局 連携の記録とフィードバック

  • 事務局は患者登録情報を適切に管理し、エリアリーダーに対し適宜状況を報告する
  • 各エリアリーダーによる地域毎の進捗把握と評価をサポートする
  • ごあいさつ
  • プログラム概要
  • 患者紹介の流れ
  • 協力医名簿
  • 書式ダウンロード
  • 適応症例

お知らせ

2017年4月6日
プログラム概要を更新しました。
2016年10月26日
適用症例を更新しました。
2016年8月22日
ごあいさつ、書式ダウンロードを更新しました。
2015年12月21日
ごあいさつ、適用症例を更新しました。
2015年5月11日
ごあいさつ、プログラム概要、患者紹介の流れ、関係学会リンクを更新しました。